声優になるために

声優の仕事は今や人気職業の一つで、関東や関西を中心に専門の養成所も多いです。声優になるためには、養成所に通ったり、その上でオーディションを受けて合格したりする流れが一般的です。

昔と比べ、今の声優はアイドル要素も加わってきており、倍率も非常に高まってきています。声優のプロになれるには、100人に1人とも言われていますし、掛け持ちでアルバイトをせずに生活する人は1,000人に1人程度の割合とも言われています。毎年、多くの声優志望者がオーディションに挑戦されていますが、プロになれるのはほんの一握りというのが、現代の声優の現状なのです。

しかし、昔と比べ、アニメーションが制作される数も格段と多くなってきています。それに伴い、当然、キャラクターに声を当てる声優は必要となってくるため、以前より仕事につけるチャンスは高まっているとも言えます。一口に声優といっても働くのはアニメだけではなく、映画の吹き替え、テレビ番組のナレーションなど、あらゆる場面で活躍しています。ローカル番組では声優を中心とするものもみられるよう、メディアに進出しやすい時代でもあるといえるでしょう。いずれにしても声優になるためには、養成所に通い、専門的な指導を受け、練習を積み重ねるのが欠かせません。