オーディション内容

声優になるためには、オーディションを受ける必要があり、審査に合格すれば晴れて、声優の世界に足を踏み入れられるようになります。将来的に声優を目指している方が気になるのは、どのようなオーディション内容が行われるのかという点ではないでしょうか。はじめに、書類審査が行われ、そこには自分の写真や紹介文、これまでの経験や特技、中にはスリーサイズも必要とされます。書類自体も審査内容となっている場合があるため、合格するために真剣に書き上げる必要があります。

他にも、サンプルボイスといい、録音した声を送り、審査を受ける形もあります。時間制限があり、セリフなどを吹き込むもので一次審査に使われる事が多いようです。他にも自己アピールや原稿読み、質疑応答やフリーの審査などもあります。すべての審査が行われるとは限らず、一部抜粋してとり行われる事が多いです。

声を使う職業であるため、審査内容は基本的に「演技」や「声質」などを見られる事が多いでしょう。俳優は体も演技に加える事ができますが、声優には頼りは声しかありません。長い時間、必死に努力して積み上げていった方が、声優として働けるようになります。今は人気職業の一つで、倍率の高いお仕事となっています。