声優になるために

声優の仕事は今や人気職業の一つで、関東や関西を中心に専門の養成所も多いです。声優になるためには、養成所に通ったり、その上でオーディションを受けて合格したりする流れが一般的です。

昔と比べ、今の声優はアイドル要素も加わってきており、倍率も非常に高まってきています。声優のプロになれるには、100人に1人とも言われていますし、掛け持ちでアルバイトをせずに生活する人は1,000人に1人程度の割合とも言われています。毎年、多くの声優志望者がオーディションに挑戦されていますが、プロになれるのはほんの一握りというのが、現代の声優の現状なのです。

しかし、昔と比べ、アニメーションが制作される数も格段と多くなってきています。それに伴い、当然、キャラクターに声を当てる声優は必要となってくるため、以前より仕事につけるチャンスは高まっているとも言えます。一口に声優といっても働くのはアニメだけではなく、映画の吹き替え、テレビ番組のナレーションなど、あらゆる場面で活躍しています。ローカル番組では声優を中心とするものもみられるよう、メディアに進出しやすい時代でもあるといえるでしょう。いずれにしても声優になるためには、養成所に通い、専門的な指導を受け、練習を積み重ねるのが欠かせません。

オーディション内容

声優になるためには、オーディションを受ける必要があり、審査に合格すれば晴れて、声優の世界に足を踏み入れられるようになります。将来的に声優を目指している方が気になるのは、どのようなオーディション内容が行われるのかという点ではないでしょうか。はじめに、書類審査が行われ、そこには自分の写真や紹介文、これまでの経験や特技、中にはスリーサイズも必要とされます。書類自体も審査内容となっている場合があるため、合格するために真剣に書き上げる必要があります。

他にも、サンプルボイスといい、録音した声を送り、審査を受ける形もあります。時間制限があり、セリフなどを吹き込むもので一次審査に使われる事が多いようです。他にも自己アピールや原稿読み、質疑応答やフリーの審査などもあります。すべての審査が行われるとは限らず、一部抜粋してとり行われる事が多いです。

声を使う職業であるため、審査内容は基本的に「演技」や「声質」などを見られる事が多いでしょう。俳優は体も演技に加える事ができますが、声優には頼りは声しかありません。長い時間、必死に努力して積み上げていった方が、声優として働けるようになります。今は人気職業の一つで、倍率の高いお仕事となっています。

声優のオーディションを受ける

今や、声優はアイドル的な存在となりつつあり、メディアへの進出や音楽ライブ、それぞれの声優がイベントとして握手会や写真会などを行っている事もあります。そのような人気の職業に就くためには、一般的なルートとしては養成所に通い、オーディションを受ける流れです。当サイトでは、声優のオーディションに関する情報を紹介しています。

声優のオーディションは、書類審査から始まり、フリーの演技を行ったりするなど、プロダクションによって異なるものです。しかし基本は声を扱う職業であるため、いかに演技力があり、声の質が良いのかという点がみられるのは言うまでもありません。昔に比べ声優は花形職業となりつつあり、その倍率は計り知れなくなっています。生活していくレベルになるのは1,000人に1人程度とも言われるほど厳しい数字ではあるものの、人気声優ともなればアニメやテレビ番組への出演など、芸能界へ進出するチャンスが大幅に広がります。

声優になると自分が好きな仕事を出来るほかにも、定年のない職業につけるという利点もあります。生涯、好きな仕事で生活していけるというメリットがありながら、その分、新人などの下からの追い上げも当然生まれるため、日々鍛錬を欠かせない職業でもあると言えます。何はともあれ、声優になるためには養成所に通い、専門的な知識を身につけ、演技力を養う必要があります。その後にプロダクションが行うオーディションに受け、合格すれば、晴れて声優になる事ができます。